004.天皇陛下の個人衝動と、国家の衝動  

世界はどうなる 第24号(2012/08/22) 天皇陛下の衝動から読み解く日本の行方 〔A4 14ページ〕
はじめに 国家の動向を決めるもの より抜粋


(前略)私はかねてから「天皇陛下の個人衝動は、大まかな日本の未来を教えてくれる」と述べてきた。『どうなる最終分析』の第3章でも、国家破綻の根拠となる指標のひとつに天皇陛下の個人衝動をあげている。

(中略)
今まで述べてこなかった、天皇陛下と日本国との関係を衝動レベルで説き明かすとともに、陛下の個人衝動から今後の日本を予測しようと思う。

(中略)
国家の動向も同じように、表と裏の力の兼ね合いで決まることは間違いないが、図式は少し異なり、国家の場合、国家衝動が表面化したものがそのまま国家動向になる。つまり、

国家衝動 ⇒ 国家動向

なのである。

(中略)
この国家衝動と共鳴しているのが、国家元首や大統領などの国家リーダーである。彼らの個人衝動は、国家衝動と共鳴するがゆえに、リーダー個人の運命を表すと同時に、国家動向のシンボルとしての意味を持つ。
日本の場合は、国家衝動と天皇陛下の個人衝動とが共鳴している。これゆえ、大まかな日本の未来を知りたければ、陛下の個人衝動を読めばいいのである。(後略)

全文が読めるバックナンバーは、こちらで販売中です



世界はどうなる INDEXへ