007.石原慎太郎と橋下徹  

世界はどうなる 第27号(2012/11/01)  〔A4 10ページ〕
第58話 中国と手を結ぶ石原慎太郎 より抜粋


(前略)会員諸氏から、「石原と橋下は手を組むのか」という質問をよく受けるが、私は「一時的には、そうなる」と答えている。
石原と橋下とを、政治家として同じまな板に乗せること自体、愚かだと考える会員がいるかもしれないので、はじめにお断りしておく。平時ならともかく、既得権益が崩壊するような非常時である現在、政治家としての経験の差などそれほど大きな意味をなさない。
(中略)
なぜ彼らは手を組むと言えるのか、それも一時的と言えるのか、それは、彼らとアメリカの相性図、石原と橋下の相性図からわかる。
(中略) これは両名の打ち出す政策が、アメリカの国益と同調し、恩恵を受けるに値する条件を有していることを表していて、アメリカは、いずれの新党にも何かしらの援助を行なう可能性が高い。(中略)しかし彼らの連携路線もそう長くはないことがわかる。 (後略)

全文が読めるバックナンバーは、こちらで販売中です



世界はどうなる INDEXへ