015.オイルショックにおけるイスラエルと日本の関連性  

世界はどうなる 第35号(2013/04/18)  〔A4 16ページ〕
第71話 イスラエル-イラン情勢と北朝鮮問題から読み解く日本の破綻 より抜粋


(前略)先に述べたように、イスラエル始原図と日本国始原図には、面白い関連性が見える。
図9は日本国始原図だが、図4のイスラエル始原図と見比べていただければ、8宮の同じ位置に海王星が位置していることがわかるだろう。(その他にも7宮の土星、冥王星など関連性があるが、ここでは踏み込まない)
(図略)
2つの海王星は、イスラエルが10度35分、日本が9度30分とほとんど同じ位置にあるので、このポイントに強い刺激が加われば、両国とも同じ時期にシンボルに関する問題が起きる。イスラエルではテロをはじめとする紛争であり、日本では、オイルショックによる経済的な凋落である。

イスラエルが紛争に関わる → 日本がオイルショックによって経済的に凋落する

つまり、私の「2013年、第4次オイルショック突入」という予測は、日本の歴史のみならず、イスラエルを取り巻く中東情勢からも割り出せ、交差点を作るのである。(後略)


全文が読めるバックナンバーは、こちらで販売中です



世界はどうなる INDEXへ